キャッシング」カテゴリーアーカイブ

総量規制と銀行系ローン

住宅ローンも車のローンもあるからカードローンでお金を借りるのは無理かなと思ってたんです。これ以上の借金は無理かなと。でも住宅ローンや車のローンはカードローンの審査の対象にはならないってことを最近知りました。住宅ローンや車のローンは有担保ローンなのに対して、カードローンは無担保ローンというものらしいのです。総量規制という法律で年収の1/3までしか借り入れができないらしいのですが、これも基本的には無担保ローンのことを指すようです。住宅ローンは住宅を担保に入れているのでこの総量規制の対象外なんだそうです。しかもこの総量規制が適用されるのは消費者金融や信販会社などの貸金業者だけで、銀行には適用されないんだそうです。なので総量規制対象外で即日融資希望する場合、銀行のカードローンは年収の1/3を超えての借り入れができるそうです。なるほど、って感じでしたね。ということで私は銀行のカードローンを申し込み、無事お金を借りることができました。申し込みもインターネットを利用してできたので、とても簡単でした。借入限度額も希望通りの金額が通りましたし、とても助かりましたね。返済もカードを使ってコンビニなどのATMからできるようですし、24時間対応っていうところがかなり便利です。

借り入れをする前には

「想定外」なんて言葉が流行った時もあったと思いますが、
この世は想定外のことが起こることが希にあるのです。
なので想定外にならないように事前に計画を立てたりシュミレーションをしたりすることが大切になってくるのです。リハーサルなんていうのもそういった
想定外のことをなくすために行われるものでしょう。
お金の借り入れにも同じことが言えます。キャッシングやカードローンでお金を借りたのはいいけれど、いったいどれくらいの期間でいくらくらいを返済するのかさっぱりわからない。とりあえすリボ払いにしてあるから、月々1万円の返済なんだろうなぁ・・・くらいにしかわかっていない人は少し要注意です。
たとえば即日の振り込み対応のキャッシングをするとして自分がいくら借りて金利はいくらでリボ払いにした時には総返済額はいくらになるのか、それくらいのことは分かっておかないと困ったことになります。
キャッシングやカードローンで借入いたものを分割で返済している間に、
また少しお金が足りなくなったのでキャッシングした。今回もリボ払いなので
1万円ずつの返済。そしてまた・・・
結局自分がお金をいくら借りていていくら返済できていて、総返済額がいくらになっているのか、そんなこともわからなくなってきてしまいます。
借り入れをする前には返済シュミレーションなどをして、自分の借金のことをしっかり把握しておく必要があります。